え〜!こんな所にも?スパイな気分になれる秘密の収納10選

片付けや衣替えの季節がくるたびに見直す収納。もうこれ以上絞る知恵はないと思っていても、世の中にはいろんな収納を考える人たちがいたんです。あったら嬉しい収納からスパイ映画に出てきそうなものまで、こんな所に?!と驚く収納の数々をご紹介します。

ウォールシェルフと思ったら…

何と引き出しが出てきました!こちら日本のTORAFU ARCHITECTSのデザインのもの。薄さは34mmでマグネットの鍵で木口を引くと通帳や印鑑など貴重品を収納できるそうです。欲しい!

鏡の側面に収納

洗面台の収納って鏡部分が扉になっているものが多いですよね。これは鏡の側面に3つの引き出しがあり、反対側の側面にフックでアクセサリーなどをかけられる収納があります。

チェアの座面に収納

チェアの座面が引き戸で収納になっています!ありそうで無かったデザインですよね。座っていながらも開けられるので便利です。

壁の中の隠し収納

洗面台下の壁部分が収納になっていて掃除道具などを見えないように片付けられる素晴らしいアイデア!嬉しい収納ですよね。

浴槽がパカっと開いたら…

これは驚きの収納です!よくよく考えてみれば浴槽のボディ部分ってかなり大きいので空洞だとしたらかなりのメガ収納スペースですよね。

シンク台下も無駄なく利用

シンク台のすぐ下ってシンク部分のへこみや配管の都合で収納が無駄に作られていることが多いですよね。こちらはシンク部分をくり抜いた形で作られた引き出し。キッチンに立つ人にとってはテンション上がる収納ですよね。

スイッチパネルの隠し収納

これはもう007の世界ですよね。実際に富豪なんかは使用しているのでしょうか。泥棒もなかなか探せませんよね。

タイルの1つが収納!

もはやミッション・インポッシブルの世界です。泥棒にとってはスイッチパネルよりも難しいでしょう。閉めた時にどのタイルか分かるクオリティなのかが見てみたいです。

階段の中に収納

こちら最近よく見かけるようになった階段収納です。階段下もバカにできないスペースがあるので、収納にできると助かりますよね。

壁の一部が収納に

レンガの壁の一部が木になっているというだけでも素敵なデザインなのにそれが収納として使えるなんて素敵すぎますよね。隠したいというより自慢したい収納です。